トップ / 家族葬でゆっくりとお別れ

家族葬でゆっくりとお別れ

家族葬とはどんなもの

家族葬でゆっくりと故人を見送る

家族が亡くなった場合に、身内だけでお別れをするのが家族葬です。故人の家族だけで行ない、会葬者を一切呼ばない葬儀のことですが、人数や範囲に定義があるわけでもなく、宗教的な儀礼に違いもありません。少人数のため、故人と接しやすく、気兼ねなく故人を見送ることができます。また、家族だけで行なうため、会葬御礼品や精進落とし料理など、会葬者をもてなす金銭的な費用も少ないのが特徴です。親戚や、故人と親しかった人も呼ぶ場合も「家族葬」として扱う業者もあれば、親族葬とする業者もあります。

インテリア

葬儀の日に初七日を済ませる利点

近年では、葬儀の日に初七日まで済ませる家庭がほとんどとなってきました。まず、遺族や親せきなどの参列者でも、特に親しい間柄の方々の場合、遠方から参列している方が、再び来ることができないことが多いので助かるというメリットがあります。また、葬儀を行ったのちには初七日まで悲しみの日々を送りながらであっても、いろいろなするべきことに追われるのであっという間に初七日になってしまい、遺族の忙しさを軽減できるというメリットもあります。こうしたメリットがあることで、同日に済ませる家庭がほとんどになってきています。

↑PAGE TOP

© Copyright 生活を豊かにするヒント. All rights reserved.